卵のことをもっと知ろう。土佐ジロー有精卵

有精卵は美容と健康に!美味しく毎日食べましょう。

丸一横山商店 Co.,Ltd

卵を食べて健康に

卵は健康のもと、どうして?

卵に含まれる主な栄養素

  • ・タンパク質
  • ・脂質
  • ・炭水化物
  • ・灰分
  • ・ナトリウム
  • ・カリウム
  • ・カルシウム
  • ・リン
  • ・鉄
  • ・銅
  • ・ビタミンA
  • ・ビタミンD
  • ・ビタミンB1
  • ・ビタミンB2

栄養豊富な卵だけれど、ビタミンCと植物繊維が欠けている。野菜と組み合わせて より健康な卵料理に。

目の老化を防ぐ

卵黄の黄色の基となるカロチノイド色素の一つ、ルテインは目の老化を防ぐのに効果があるといわれている。

脳細胞を活発にする

レシチンの構成成分、コリンは脳の活動を活発にする働きがある。卵以外の食品には含まれない貴重な成分。

美肌、美髪に効果

卵黄に含まれるレシチン、メチオニンなどは肌のくすみを防止し、美髪にも効果があるとされる。

必須アミノ酸を含む

卵白タンパク質には、人の体内では作りだせないが活動に必要な必須アミノ酸がバランスよく含まれている。

生活習慣病の予防に

卵白タンパク質がコレステロールの吸収を阻害する働きがあるほか、レシチンも動脈硬化予防に効果がある。

抜群の消化吸収性で元気に!

卵の大きな魅力の一つが、消化吸収の良さ。卵の持つ高い栄養価をしっか身体に取り入れることができる。

卵の疑問

白玉と赤玉の違いは?

味と栄養価に違いなし。一般的に茶色い殻の赤玉は地鳥の卵、白い殻の白玉は明治時代にアメリカから入ってきた、卵を産むための 特別な鶏種の卵を指す。同じエサを与えた場合には、栄養成分や味にほとんど違いはない。赤玉の殻の方が若干厚いとされる。

新鮮な卵の見分け方は?

黄身がぷっくり、白身がドロリ。卵殻の表面がザラザラしていると新鮮だが、出荷前の洗浄で突起がなくなってしまっているので卵を割って判断します。 黄身がぷっくりと盛り上がり、白身がどろっとしているのが新鮮。

身体に良いおすすめの調理法は?"

消化に良いのは半熟卵。動物性食品の中でも極めて消化吸収の良い食品である卵。生、煮る、ゆでる、焼く・・ さまざまな食べ方があるけれど、調理の有無や調理の仕方によって栄養価が変わることはない。

正しい保存方法は?

尖った方が下、丸い方を上に立てて保存。卵は気孔から空気の出し入れを行ったり、水が蒸発したりしている気質がある。卵の丸い方を 下にするとこの呼吸がスムーズにいくとされている。

"ふわトロ"を引き出すコツは?

加熱方法と卵の水分量がカギです。"ふわトロ"を作るのは半熟の卵。加熱したあとに残る水分が、とろみを作るカギとなる。 強い温度で一気に過熱凝固による膜を作り、とろみが残り水分量が多めの半熟状態の卵を素早くまとめるのがコツ。強火で一気に 調理しよう。

ゆで卵の黄身が黒っぽくなるのはなぜ?

硫化鉄のせいです。卵のゆですぎが原因。卵を15分以上加熱した際に、卵白の一部が硫化水素になり、卵黄の 中に含まれる鉄分と、卵黄と卵白の接触面で反応し硫化鉄が生じて、卵の黄身を黒くする。古い卵ほど生じやすい。

焦げ付かずに卵焼きを作るには?

油の層をしっかり作ってあげることです。油を温めて、フライパンの上に油の層を作ったところに卵液を流し込むのがポイントです。 温度が低く、油の層が充分に温まっていないと、卵の調理性の一つである"流動性によって、卵液と油が混ざってしまい卵が固まらず 焦げつく。"

卵の良い混ぜ加減は?

混ぜすぎず、不均一さを残すこと。卵料理の美味しさを作るには、"不均一さ"。成分も凝固温度も違う卵白と卵黄を混ぜすぎないことが ポイント。加熱した際に、それぞれが異なる保水性を発揮して、ジューシーな美味しさが生まれる。

卵のたべごろは?

新鮮なほど良いということもない。他の食材と比べ新鮮な期間が長いのが卵の特徴。生みたてよりも3日目以降の方が ゆで卵の殻がきれいに剥ける。

卵は1日何個まで?

一日に食べる適量は1個以上、2.5個以下が目安です。個人による差異はあるものの、疫学調査の結果、血液検査のコレステロール値 に影響を与えない卵の摂取量の適量です。

卵の豆知識

卵からヒヨコまで約21日

有精卵は、親鳥に温められ21ほどで孵化する。人工的に孵化させる場合は、特別な機械の中で38度Cぐらいで温められます。

一生に産むのは550個

ニワトリは孵化してから120日ぐらいから卵を産み、600日ぐらいから産卵効率が落ちる。生涯で生む卵の数は約550個~600個。

有精卵の中にも無精卵がある。

オスとメスが放し飼いされる環境で生まれた卵はすべて”有精卵”と言われています。実際には受精しているのは 85%です。土佐ジロー有精卵では、当店で購入後、孵化させたお客さまが何名かいらっしゃいます。

ニワトリが卵を産むのは午前中

産卵には光の刺激が重要なため、親鳥は午前中に卵を産む。また、体内で卵が作られるのに約25時間かかるため、1日に産む卵は1個です。

卵の賞味期限

一般的な卵の賞味期限

実は生卵は盛夏以外は常温保存が可能なんだとか。生卵は常温がNGかと思っていましたら 違うんでうんですね!ただ直射日光が当たる場合、暑すぎる場合は菌が繁殖してしまうので、風通しのいい直射日光の 当たらない場所が良いようです。一般的な卵で冷蔵で販売されていた卵を保存するには、冷蔵庫で保存しましょう。急に 気温差が生じると鮮度も低下し、菌が繁殖するもとになってしまいます。

常温保存の目安は?

12月~3月(気温10度前後)では約2ヶ月、4月~6月・10月~12月(気温23度前後)約3週間 7月~9月(気温28度前後)では2週間となっていますが、生食する場合は夏場以外で2週間以内に、それ以降は 熱を通して食べましょう。

冷蔵保存する場合の注意点は?

冷蔵庫に卵用のポケットが設置されていますが、あそこにいれておくとドアの開け閉めの際に卵の 殻にひびが入ってしまうことがあるので実はあまりよくありません。ドアポケットに入れる時には買ってきたパックごと 入れるのがベストだそうです。あるいは冷蔵庫のほかの場所でとがったほうを下にして 保存するようにしましょう。

ゆで卵の賞味期限

殻付き・・・3日以内、ひびが入ったもの・・・2日以内、殻をむいたもの・・・12時間~24時間以内

生卵よりゆで卵のほうが日持ちしないというのはちょっと意外ですね!しかもゆで卵は冷蔵庫で保存するのが 基本とは。ゆで卵が日持ちしないのは、生卵に入っている「リゾチーム」という酵素が過熱することで 壊れるからです。この酵素は菌の繁殖を防ぐことができます。ゆで卵は熱でこの酵素が壊され 菌が繁殖しやすく日持ちしないということです。

pagetop